セルフケアだけでは足りない?あなたの口腔内環境

>

歯の役割について

自分だけではなかなか難しい歯のセルフケア

自分の口の中を見るのは非常に難しいものなので、いくら自身でブラッシングをしたり、フロスなどを使ってケアしていても、すべての汚れを取り除くことは不可能に近いのです。
又、歯並びが悪い人であれば歯垢が出来やすく、それは、いずれ歯石へと変わってしまいますし、お口の中の菌の数を減らしても、様々な原因で新たな菌に感染してしまうこともあります。
更に、咬み合わせが悪く口内の状態が悪化することで虫歯リスクが高まりますし、歯周病にかかってしまっている場合、セルフケアで改善を試みても、思うように成果が上がらない場合がほとんどです。
そんな場合、セルフケアはもちろん、合わせて行っていただきたいのが歯科医による定期健診なのです。

定期健診に行けば何をしてくれる?

歯科医に行く理由を聞かれると、たいていの人は、痛くなったからと答えるのではないでしょうか?しかし、それではすでに遅いのです。
歯に異常を感じる前に、定期的に検診を受けることをお勧めいたします。
では、検診に行くと具体的にはどの様な事をしてもらえるのでしょうか。
まずは、虫歯になっていないかと歯周ポケットの深さのチェック、次に歯周病になっていないか、なってしまっている場合は、どのくらい進行しているのか、そして歯周病の進行を防ぐための歯石除去、着色を取りのクリーニング、又、虫歯になってしまわないようなブラッシング方法やフッ素の使用法の指導、過去の治療の、かぶせ物や詰め物等に不具合が生じて無いかの点検、最終的には口内全体に異常がないかを点検します。


この記事をシェアする