セルフケアだけでは足りない?あなたの口腔内環境

>

生涯付き合える歯科医を

まず、かかりつけの歯科医を見つけましょう

かかりつけの歯科医に定期的に通うことで、歯の相談もしやすくなりますし、自分の歯に対する意識も高まって、歯磨きの向上や、日々の食事の際も、食べ物に気を使うようになるはずです。
更にかかりつけの歯科医ならば、今までの治療の経過をしっかりと把握してくれているので、あなた個人の歯にピタリと合った治療やケアが期待できるのです。
これは決して大げさな話ではなく、あなたの人生の一生涯、きちんと面倒を見てくれる歯科医院を探して、生涯にわたって、なるべく自分の歯で食事が出来るようしっかりとケアして、いつまでも美味しい食事を楽しめるように心がけましょう。
歯が少なくなった場合でも、これ以上歯の本数が減らないように、クリーニングを行ったり、入れ歯を調整したりして、歯を維持してくことが出来るのです。

虫歯は初期の段階で

初期の虫歯や磨き残しは、自分ではなかなか気づけないものです。
しかし定期健診に通っていれば、たとえ見つかった場合でも初期の虫歯である可能性が高いでしょう。
初期の虫歯であれば、1回、多くても2回の通院で完治する事がほとんどで、治療費も安く済み、傷みを伴う事もほぼ無いでしょう。
これが、虫歯の進行など、痛みの改善目的で、その都度歯科医に行き治療をしてもらう場合、歯の健康を大きく損なうのはもちろん、時間や治療費も長い目で見れば、多くかかってしまう事がほとんどです。
更に言えば、歯周病等が進行している場合、早期に治療を行わないと取り返しのつかないことになりかねません。
口内環境が健康であることは、体の健康にもつながるのです。
いわば定期健診は、これからの人生を快適に過ごすための投資とも言えるのです。


この記事をシェアする