セルフケアだけでは足りない?あなたの口腔内環境

>

何をしてくれる?定期健診

定期健診でもたらされる多くの効能

定期的に検診に行くことで、虫歯の早期発見が可能になります。
進行してしまった虫歯を治療するには、第一時間もお金もかかるし、大きく削らなければなりかねませんし、進行がひどい場合には、神経を抜いてしまわなければならない事態に陥ってしまうこともあるのです。
早期に発見することで、これらのデメリットを未然に防ぎ、なにより本来ある自然な形で自身の歯を保つことが出来ます。
更に成人の約80%の人がなっていると言われている歯周病。
自覚症状はなく、悪化が進むと歯を失うこともある恐ろしい病気です。
歯周病の主な原因は、歯石やプラークです。
定期的に歯科に検診に行くことで、歯石やプラークを取り除き、歯周病を未然に防いだり、進行を止めることができます。

ツルツルで気持ちのいい歯を維持しましょう

理想を言えば、三ヶ月から半年に一度の割合で、定期健診を受けるようにしましょう。
定期健診によって、クリーニングされた歯は、ツルツルでとても気持ちのいいものですし、口臭予防にもつながります。
また、クリーニングを施すことで、あなた本来の自然で美しい歯を取り戻すことがでるのです。
最近では、自然で美しい歯を取り戻す目的で、治療と言うよりも審美的な側面を求める方も増えています。
定期的に通わない場合、治療後はセルフケアがおろそかになりがちです。
せっかく治療によって細菌が少ない状態なっているのに、それを維持しないのは、とてももったいない話です。
口腔内環境を健康な状態で維持するために定期健診はとても有効な手段なのです。


この記事をシェアする